Im(material)^2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

■AVA ⑨ 武器解説 M24編■

AVA武器解説その2。
スナイパーの初期武器、M24について。

実銃の話はこんな感じ。


Remington M24 SWS
M24 SWS(Sniper Weapon System)はアメリカのRemington Arms社のスナイパーライフル。
同社の1962年に発売されたRemington M700をベースに、1988年に設計された。
アメリカ陸軍や日本の陸上自衛隊を始め、各国の軍事機関や警察機関などでも採用されている。

Remington M700は、狩猟用や競技用として広く使われているベストセラー商品となっている。
ボルトアクションライフルの利点である高い命中精度、単純で堅牢な構造、高い信頼性を有する。
様々な用途に対応するため、使用弾薬、バレルの長さ、ストックの形状や材質など様々なバリエーションがある。
また、カスタムオーダーにより熟練技師による手作業の製品も存在する。

その中でもM24 SWSは他社製品の銃床と光学照準器を装備し、アルミ製だったトリガーガードをスチール製に交換するなどの変更が加えられている。
レシーバー側面と銃身先端上面には競技用照準器用のベースが取り付けられている。
また、パラシュート投下の衝撃に耐えられる大型ハードケースで支給され、これら附属装備品を含めてM24 SWSと呼称されている。

イラク戦争などにおいても、待ち伏せへの反撃や対戦車ミサイル射手の排除、雑踏の中に紛れた相手を精密狙撃するなどの高いポテンシャルを発揮したが、市街地戦で重要となる連続射撃がボルトアクションライフルでは難しい、装弾数が少ないなどの欠点が指摘されている。
アメリカ陸軍はこれに伴いM24 SWSの調達を2010年2月までとし、後継としてKnight's Armament社のSR-25を改良したM110 SASSの正式採用をしている。
因みに、アメリカ海軍ではRemington Arms社からRemington M700のパーツを注文して、独自のM40A1、M40A2、M40A3というモデルを使っているが、これらはKnight's Armament Mk11 Mod0というセミオートスナイパーライフルと併用している。



さて、AVA内のこの銃は。
初期支給武器の永久としてあります、米陸軍の払い下げですねきっと。
 ・スナとしては威力が今ひとつ不足気味
 ・長距離では一発で仕留められない場合が多々ある
 ・中距離程度でも当たり所と防具によっては確殺出来ない場合がある
 ・リロードはスナではトップクラス
 ・ただし、装填数が5と少なめなのでこまめなリロードが必要
 ・初期武器なので修理費用は格安
カスタムしてもこの特性はほとんど変わりない。
ただし、使い方によってメジャーなカスタムが2通りある。
クイックチェンジ(QCつまり持ち替えキャンセル)が出来る人とできない人で変わる。
全てがプレイヤースキルの問題だけでかわるわけではないが、QCできる人とできない人とで別れやすい。
まず、できる人向けカスタム
 [F]・M24 アップグレードキット (攻撃+3 射程+5)
 [B]・ロングレンジバレル (射程+2 安定-1)
 [M]・クイックスコープ (スコープ切換速度上昇、1段階)
 [S]・ショックアブソーバー (精密+1 安定-1)
できない人向けカスタムはクイックスコープではなくシャープシュータースコープ(オートズーム無し、2段階)を付けます。
2段階の方が精密射撃はできますが、正直2段階で撃ちに行く距離では確殺できない場合が多く、またTPG-1AWMなどほとんどのスナに撃ち負けます。
QC多用の戦闘の方が向いている銃です。



blogram投票ボタン
  1. 2010/02/03(水) 09:52:05|
  2. AVA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<■AVA ⑩■ | ホーム | ■AVA ⑧ 武器解説 G3A3編■>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://icyoh.blog83.fc2.com/tb.php/40-2fba809a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。